不動産投資行動の量と質| ホーム | 東京都渋谷区深沢8丁目の陸山会土地の地図

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不動産投資のは下落リスクが少ない堅実な投資

不動産投資は、下落リスクや下落のインパクトが少ないですね。

株や為替に比べて、不動産投資や賃貸経営は下落リスクが低いというのですが、株や為替はご存じのように、毎日、上下動を繰り返します。

一瞬にして、倍になることもあれば、瞬く間に無価値に変わる可能性がありますが、不動産は違います。

不動産投資のスタイルにもよりますが、土地付1棟物件であれば土地価格の上下動は株や為替に比べれば、とても安定的です。

しかも1棟もの物件であれば、土地価格が物件価格の大半を占める物件などを選べば資産価値の下落率をかなりのところまで抑えることが可能です。

建物は減価償却しますが、土地は減価償却しない資産だからです。

減価償却というのは簡単にいうと、一定の割合で価値が目減りするということです。

しかし価値が減るといっても国が定めたいわば税金をかけるための価値が減るという意味で、お金を生むという価値が減るという意味ではありません。

なので、不動産価格における建物が占める割合が高い区分マンションの1室などではなく、土地の価格の割合が、高い一棟ものの物件を購入をする投資スタイルをとれば、資産価値の急激な下落リスクを避けることができます。

下落についていえば株は、例えば価値が半分になって、取り戻そうと奮起し200%の運用利回りを達成しても、また元に戻っただけです。

要は損失が大きいということですね。

しかし不動産は大地震などで建物が壊れたりしない限りそのようなことはありません。

あなたも、堅実な不動産投資の投資手法など、お金の知識をしっかり学んでみません?

不動産投資などのセミナー

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

不動産投資行動の量と質| ホーム | 東京都渋谷区深沢8丁目の陸山会土地の地図
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。